地球問題

「エル・ニーニョ現象」について

海にまつわる地球問題の一つに「エル・ニーニョ現象」というものがあります。
この名前の由来は南アフリカ大陸のペルーという国からきています。

もともとペルー沖合いの海は、海水が深いところから湧き上がる構造になっているため、赤道付近の海なのに海面の温度が低く保たれているという特徴があります。
しかしこの海面の温度が、数年に一度くらいの割合で上昇することがあります。それを「エル・ニーニョ現象」と呼びます。

けれどこの「エル・ニーニョ現象」はペルーの沖合いだけでなく、時にはペルーから西に数千キロ以上に渡って起こることがあります。
海面の温度が上がる程度では特に大問題ではないように思えるかもしれませんが、実は色々なことに影響を及ぼしてきます。

例えば降水量には直接影響がありますし、気温にも関わってきます。そして海面の温度が変わることで、風の吹く方向が変わってきます。
そうすると地球全体の気候にも変化が現れます。今まででは考えられなかったような異常気象を、世界各地にもたらす原因にもなるのです。

ところで海面温度の上昇を「エル・ニーニョ現象」と呼ぶ理由は、キリスト教の「イエス・キリスト」がスペイン語で「エル・ニーニョ」だからだと言われています。他にも「神の子」などという意味もあります。
キリスト生誕の日であるクリスマス前後にこの現象が起こることが多いので、その時期に現れるものとして「イエス・キリスト」に例えたというわけです。
海面の温度に敏感な地元の漁師たちが名付けたと言われています。

反対に、海面の温度が下がる現象のことを「ラ・ニーニャ現象」と呼びます。

ページトップへ