地球の環境問題を考える

地球問題を考察

私たち人間が住んでいるこの地球は、人間だけではなく他の多くの動物や植物にとってもかけがえのない場所です。
けれど近年の人間の生活や経済活動によって、この地球の環境に大きな影響を及ぼしています。それで起こる様々な問題を地球問題と言いますが、これが年々深刻な状況になってきています。
例えば有名な地球温暖化ですが、これは地球全体の気温が上がってしまうことです。またオゾン層の破壊、酸性雨、大規模な森林伐採による熱帯雨林の減少など、地球環境の変化に関わる深刻な問題は数多くあります。
このような環境の変化によって、地球にいる他の動植物に対して悪影響を与えてしまいます。実際に、環境の変化についていけずに絶滅してしまった種もあるようです。これは自然な流れで起こったことではなく、私たち人間の行いのせいで起こったことなのです。
日常生活の中ではあまり感じないかもしれませんが、地球環境問題の事についても考えてみましょう。

地球問題 詳しくはこちら >>

地球問題

地球問題について 地球問題について
「地球問題」と聞いたら何を先ずは思い浮かべるでしょうか。多分「地球温暖化」が最初に頭に浮かぶ人も多いかもしれませんね。

自然環境

自然環境 津波とは
みなさんも、その脅威はご存知だと思いますが、自然の猛威である津波。近年、日本でも大きな爪あとを残しました。

エネルギー

エネルギー 福島原発とは
2011年3月に一気に注目を集めるようになった福島原発ですが、その詳しい仕様はほとんどの人が知っていません。

水・土壌問題

水・土壌問題 水不足と食糧不足
暑い夏を乗り切るために、みなさんは何をしていますか?水浴びをしたり、プールに入ったり、とにかく水を使うことが多いですよね?

健康・化学物質

健康・化学物質 アスベストとは
「アスベスト」と言う物を知っているでしょうか。別名「石綿」とも呼ばれている物になります。少し前、健康被害について…

災害対策

災害対策 警報と注意報
2011年ほど、自然の威力、猛威を感じた年はないのではないでしょうか。東日本大地震、津波の猛威、大型台風による各地への被害など。
コラム

ゲリラ豪雨が発生するメカニズム

自然界でおこるさまざまな現象というものには、メカニズムというものが必ず存在をしています。
人類が研究を重ねることで、そのメカニズムの多くが解明をされてきています。

ゲリラ豪雨が起こるメカニズムについても、きちんと解明をされているのです。
どうやってゲリラ豪雨が発生するのか、そのメカニズムを知りたくありませんか?
ここでは、日本国内で頻繁に起こるゲリラ豪雨のメカニズムについて、説明をしていきたいと思います。

ゲリラ豪雨のメカニズムを知るうえで、「積乱雲」というものは必ず知っておいて頂きたいものですので、ここでご説明をさせて頂きます。
地面付近の暖かい空気が上昇すると、上空の冷たい空気とぶつかって大気の状態が不安定になります。
この不安定を解消しようとして、上下の空気が混ざり合う対流というのがが発生をします。
この時の空気が湿ったものであれば、上空に行くに従って下がる気温の中で、空気に含まれる湿気や水分が凝結して雲になるのです。
この雲がいわゆる積乱雲なのです。

積乱雲というのは、1度発生をすると一気に大量の雨を降らせてしまいます。
積乱雲によって集中的な豪雨が起こるというのは、メカニズム上よく知られているのですが、ゲリラ豪雨と言われると半分程度が正解なのです。

ゲリラ豪雨は、集中豪雨を引き起こす積乱雲だけではなく、さまざまな空気が混ざり合うことで発生をするのです。
暖かく湿った空気や冷たい空気、ヒートアイランド現象で起こる空気の対流などの条件が重なることで、ゲリラ豪雨は発生をするのです。
つまり、温度差のある空気が混ざり合って待機が乱れることで積乱雲が発生し、それがゲリラ豪雨へと繋がるということなのです。

ページトップへ